住管理ランドマネジメント

お電話でのお問い合わせはこちら

TEL.096-378-2840
BLOG

ブログ

いざという時の為に

6 22

皆様こんにちは!笛本です。

梅雨とはいえ、毎日雨ばかりだと憂鬱になりますね。

それに加え最近では、地震や噴火も多く、毎日のように

耳にしているように感じます。

 

なので今回は自治体から発令される

『避難準備情報』 『避難勧告』 『避難指示』

の違いをお話ししようと思います。

 

【避難準備情報】

避難勧告や避難指示を行うことが予想される場合に発令されます。

ご高齢の方や避難に時間を要する人は避難を開始しましょう。

 

【避難勧告】

災害による被害が予想され、人的被害が発生する可能性が

高まった場合に発令されます。

対象地域の方には避難を促します。

 

【避難指示】

状況がさらに悪化し、災害による人的被害の危険性が非常に高まった場合や、

人的被害が発生した場合に発令されます。

対象地域の方は直ちに避難をしなければなりません。

 

 

しかし、必ずしもこの順番で発令されるのではありません。

さらに、いずれの場合も強制力はなく、自主的な避難となります。

ただ、外出することでかえって命に危険が及ぶ場合は

自宅内のより安全な場所に避難してください。

避難をしなかったからといって罰則があるわけではありませんが、

これを一つの目安として捉え、状況に合わせて的確な行動をとることが

大切な命を守る事となります。

豪雨や台風、地震に噴火などいつ自然災害が起きてもおかしくない状況ですので

自分の地域の避難場所など今一度確認しておくのも良いかもしれません。

 

 

カテゴリー:

カテゴリー

キーワード